あご削りのリスク

美容整形のあご削りとは?

あごは顔の印象を決める要素になる重要な部分です。しゃくれたあごや、長めのあご、形は人によって様々です。あご以外の部分が整っていたとしても特徴的なあごの印象が目立つため、コンプレックスとして悩んでしまう人が多いです。

今回はそんな特徴的なあごを「あご削り」手術によってキレイに整える方法を紹介します。

あご削りの特徴

あご削りは、顎短縮と呼ばれ、あごの骨である(オトガイと呼ばれる)を削り、あごが前に長く突き出している方や、あご先が2つに割れている左右で形の違う状態の骨をカットして整える事で顔全体の輪郭の印象変え、見た目的にもスッキリと見せる美容整形手術です。

口の内側をメスで切開してオトガイを露出させてから手術をします。あごの骨の両サイドを削る、または、あご先の骨を残し中間部分にあたる骨だけをカットし、あご先を移動させ距離を短くする方法等があります。

術後の効果は骨を削り、カットしてしまうので効果は半永久的に続きます。ですので、一度手術をしたら元に戻すのは難しいので
後悔しないためにも慎重に考える必要があります。

あご削り手術前の注意とリスクについて

あご削りの手術は直接骨を削ったり、カットするので、あごの骨が脆くなってしまうリスクがあります。手術の際に万が一、神経を傷つけてしまった場合、麻酔時に副作用など起こす事も考えれられます。

あごの骨の周りには筋肉や神経組織があり、手術の際それらを一度骨から剥がす事で、手術後、顔の皮膚がたるんだり、ハリが無くなって
しまうリスク等も考えられます。手術を受ける際は、これらのリスクについても十分考慮して医師とも入念に話し合い、納得の上で手術に
望んでください。これらの注意点やリスクの事を考えずに手術して後々後悔してしまわぬよう、あご削り手術について事前に知識が必要です。

美容整形は新しい自分になれる変わりに様々なリスク想定しておく必要があります。

あご削り手術の費用や痛みについて

あご削りの手術は基本的に全身麻酔をしてから行われます。全身麻酔をする事で感覚や意識が無くなり、手術時の痛みなどは感じなくなります。
痛みの多くは手術後に起こります。主な症状は削った付近の激痛や喉に手術時に喉にチューブを通すのでそれに伴った喉の痛みを感じる事が多いです。痛みの度合いは人によって変わってきます。我慢できる程度のものから、痛み止めを服用しなければ我慢できないレベルまで。痛みでしばらくは寝付けなかったりもします。手術後間もないうちは顔を固定されるので、口も開けずストローが通る程度です。
食事は水分や離乳食のような咀嚼せずに摂取できる食べ物を摂ります。手術は短時間で終わる事が多く日帰りで帰れるのも特徴です。

あご削りの費用は病院によって異なりますが、およその金額は安い所で30万円?高い所では100万円?が相場です。