あご削りには危険も伴う

あご削りのメリットとリスクなどの紹介

小顔は女性の憧れだと考えている人も少なくありません。そしてフェイスラインも重要です。
あご削りという手術は、そんな希望をかなえてくれる方法でもあります。
ここで、手術のメリットだけでなくリスクなどについてもご紹介します。

あご骨削りはどんなことをするの?

あご削り手術と一言にいっても、いくつかの方法があります。
まずはあごの骨を水平に削る方法です。この手術は、あごの縦の長さでお悩みの方に選ばれている方法です。また、しゃくれている・曲がっているということでコンプレックスを抱えている方にも適用されます。あごの骨を水平に切って、上の骨と付けてあごの長さを調節します。同時に位置も変えることができるので、横顔のラインも整えることができます。
あごの垂直切りは、あごの骨を縦に切って真ん中の骨を抜くことでフェイスラインを整える方法です。四角いあごがコンプレックスの方や、あごの大きさでお悩みの方に選ばれている方法です。
どちらも大掛かりな手術となるので、技術と経験の豊富なドクターに執刀してもらうことが大切です。

あご削り手術にかかる費用など

あご削り手術にかかる費用は、およそ100万円から120万円ほどといわれています。
しかしこの費用はあくまでも相場なので、クリニックや個人差・入院費用・使用する麻酔の量や種類などによっても大きく異なります。
具体的な費用を知りたい場合には、クリニックで相談をすることが大切です。
また費用面だけでなく、安全性やフォローの有無など様々な事を調べる必要があります。
特に、あごの骨を切ったり削る手術は、全身麻酔を用いた手術になるので人によっては麻酔の後遺症や副作用が出てしまう可能性も生じます。
さらに皮膚が敏感な人は手術後に腫れや化膿といった可能性もあるので、手術を希望する場合には準備と計画をしっかり立てましょう。

あご削り手術で起きる失敗例

あご削り手術においての失敗例には、仕上がりに関するトラブルが多いです。
あごの骨を削るためには、あごの骨を大きく露出させなければなりません。経験や技術が不足している医師が行うと、皮膚のたるみや左右でフェイスラインが異なるといったことも起きる可能性があります。
また神経にも触れる手術であるため、人によっては顔面麻痺やしびれなどが残ってしまうこともあります。しかし大抵の場合は、自然に消失していくので問題ありません。
健康上でのトラブルは、あごの骨を削りすぎたことによる顔面の引きつれです。これは、骨の表面にある硬い部分を削りすぎたために骨髄と筋肉が癒着してしまう事で起きます。
自分の希望する仕上がりも大切ですが、後遺症などのリスクも考慮して計画を立てましょう。